パチンコ依存症(パチンコ中毒)で苦しんでいる方々が参考になる事を公開。 読む薬としてご利用ください。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


→パチンコの無い明るい生活を送るなら!!
→さらにパチンコの無い明るい生活を送るなら!!!!

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加
Googleに追加 goo RSSリーダーに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
http://news.livedoor.com/article/detail/3251989/

パチンコ・ホールなどを経営するマルハンがマカオのカジノに本格参入する。日系企業がマカオのカジノに参入するのは同社が初めて。同社によると、マカオの大型総合テーマパーク「十六浦(ピア 16)」へ参入する意向で、すでに2007年7月27日に意向書を交わしており、8月末までには協定書を締結したいとしている。現在の段階では、「具体的な参入方法や施設について決まっていることはありません」(広報担当者)という。
カジノの本場ラスベガスを抜いてマカオが世界一

マルハンは京都と東京に本社を構え、日本全国に217のパチンコ・ホールと、ボウリング場やゲームセンターなど13のレジャー施設を運営している。07年3月期の売上げは1兆8149億円、経常利益は322億円のパチンコチェーンの大手だ。

同社が参入を計画しているマカオは、06年のカジノの売上高で前年比21.3%増の約562億パタカ(約8280億円)と、カジノの本場である米国・ラスベガスを抜いて世界一となった。また2010年までに新たに9カ所のカジノがオープンする予定。07年7月6日付の深セン商報によると、マカオのカジノの 07年上期(07年1~6月)売上高は368億パタカ(約5520万円)で、前年比47%増を見込んでいるという。

中国をはじめ、他国からの入境人数でみると、06年は前年比で17.6%増の約2200万人になるなど、空前の活況を呈している。

「詳細はコメントできない」(広報担当者)としており、参入がパチンコ施設かどうかも明らかにしていない。





将来的にパチンコ産業が規模縮小をする事と、カジノ合法化を懸念した行動なのか?

将来的に日本国内にカジノが出来て、国が経営しようとも、民間で経営しようとも、どちらにしても、なんらかの形で関わろうとしているのは間違いないだろう。

大手企業であるだけに、パチンコ業界自体の先を読んでいるのだろう。


スポンサーサイト


→パチンコの無い明るい生活を送るなら!!
→さらにパチンコの無い明るい生活を送るなら!!!!

はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加
Googleに追加 goo RSSリーダーに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
コメント
この記事へのコメント
私は博打はしませんが
博打を国営にして税収にするのは大賛成。ただし蛭の様な省庁に管理させず厳しい監査を設けなければ楽して私腹を肥やす事にだけ優秀な頭脳を使う官僚代官様の思う壺、
2010/05/04(火) 00:54 | URL | 日本人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://pachichu.blog81.fc2.com/tb.php/38-8324185e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
県内パチンコ業界 店舗数 全国3位 県外大手参入で競争激化埼玉新聞しかし、県内最大手の収入高は約八百億円で全国の五十位程度にとどまっており、全国トップのマルハン(京都府)の約一兆八千億円に比べて大きな開きがあった。同支店は「県外の大手業者が県内に多数進出して
2007/08/20(月) 03:40:50 | パチンコ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。